予習と復習


毎日毎日、予習と復習をしなければならない。

そうしないと勉強についていけない。

復習だけでも一苦労なのに、予習もしなければならない。

何故なら予め決められた範囲の問題を解いておき、授業ではその確認をする形式が多かったから。

「ではこの問題は解いてきてもらったはずなので・・・」というように翌日の授業で先生が当ててくるのである。


スポンサーリンク

  


学校辞めたい